前へ
次へ

不動産の売買について

不動産の売買が行われていますが、不動産売却の際にはいくつかの費用が必要になります。そのなかに仲介手数料というものがあります。仲介手数料とは媒介報酬や仲介報酬と呼ばれることもあります。これはどのようなお金なのかというと、不動産会社に支払う成功報酬となっています。その金額はどのように計算されているのかというと、一般的には売買価格かける3パーセントに6万円がプラスされ、それに消費税が付け加えられた金額となっています。仲介手数料は成功報酬となっているので、売買を依頼したときではなく、売買契約が成立したときに支払われるようになっています。不動産売却にはさまざまな諸費用が必要になりますが、最もその金額が大きくなるのがこの仲介手数料となっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

不動産のやり取りをする際にかかる税金

不動産は高額なやり取りをする商品として有名な商品ですが、その中でも特に影響が大きいのが取得税などの税金についてです。このような高額の商品であれば高額な商品であればあるほど税金の金額は大きくなってきてしまうため、そのような住宅などの購入を行う際にはそのようなポイントにもしっかりと気を使っておくことが必要になってきます。そのような税金についての疑問などが発生した際に参考になるのがインターネットで税金についての疑問などを解決してくれるサービスです。このようなサービスを利用することによって税金に関する専門的な知識を持っていないような人でも簡単不動産のやり取りを行うことができるようになる上に、安心して取引を行えるようになります。

Page Top